「宜野座MVP」は高山 阪神・矢野監督が「全体で高山」と明言 投手は藤浪

[ 2021年3月1日 12:09 ]

阪神・矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の矢野監督がこの日で打ち上げとなる宜野座キャンプのMVPに高山を選んだ。

 「全体で高山かなと。ドラフト1位で入って、最初の年に新人王。その後に少しアイツの中で思うようにいかない苦しい状況でしたけど、その中でも野球に対する姿勢であったり、この何年かで変わってきたところあるのが、数字にも姿勢にも、その本気をさらに感じるようなキャンプでした」

 今キャンプの実戦11試合で35打数15安打4打点、10打数以上ではチームトップの打率・429と猛アピール。昨春キャンプでもMVPに選ばれながら、開幕延期の影響もあってシーズンでは自己最少の42試合で打率・152に終わった悔しさがるあるだけに、今季こそ本番につなげたい。

 投手ではワイドアップに戻して快調に調整している藤浪が指揮官のMVPに選ばれた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース