日本ハム 春季キャンプ打ち上げ 栗山監督、清宮、野村らの成長に期待「チャンスはある」

[ 2021年3月1日 11:42 ]

日本ハム・栗山監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムが1日、沖縄・名護で行ってきた春季キャンプを打ち上げた。栗山監督は「大きなケガなくここまで来られた」と総括し、「若手は何かつかんだものがあったと信じている。チャンスはある」と、清宮、野村ら若い大砲候補のさらなる成長に期待した。

 2月1日から続けてきたキャンプの最後は手締め。選手会長の近藤がナインの輪の中央で「コロナ禍の一日も早い収束と日本一を祈念しまして」と一本締めで打ち上げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース