“マルチな男”ソフトB・栗原、本職もOK! 今キャンプ初マスクで5回無失点リード&2安打1打点

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク10-0オリックス ( 2021年2月28日    アイビー )

<ソ・オ>3回を投げ終えた奥村(左)と話す捕手・栗原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 昨季のブレーク男が「本職」でもきっちり仕事をこなした。ソフトバンク・栗原が今キャンプで初めて捕手として対外試合のオリックス戦に先発出場。昨季も捕手での出場は3度しかなかったが、無難な動きを見せた。

 「(捕手は)いつもの倍、疲れました(笑い)。どこでも守れた方がいいし試合に出るための幅が増えていけたら。安打が出たのはいいが、自分の形にまだ納得はしてません」

 7年目の今季も捕手登録だが今キャンプは外野や一塁に加えて三塁にも挑戦するなど、持ち前の打撃を生かすため複数ポジションを守る。この日は捕手として5回まで4投手を好リードして無失点。打撃も2打数2安打1打点と存在を示した。

 昨季は118試合で打率・243、17本塁打、73打点を残し、巨人を下した日本シリーズではMVPに輝いた。内外野を守れ、さらに緊急事態などでは捕手出場も可能。その存在感は増すばかりだ。

 この日で宮崎での全日程が終了(春季キャンプは26日に打ち上げ)。今後のオープン戦に向け、栗原は「もう一回アピールしないといけない立場。結果で目立たないと。開幕戦でグラウンドに立っていたい」と表情を引き締める。常勝軍団に不可欠な強打の万能男におごりはない。

 ○…栗原(ソ)の1軍公式戦での捕手出場は通算23試合。昨季は3試合で、いずれも試合途中からマスクをかぶった。なお、先発で捕手を務めたのは18年10月6日西武戦の1試合しかない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース