巨人・ウィーラーがシリーズ1号 2戦全得点は助っ人のバットから

[ 2020年11月23日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ第2戦   巨人2-13ソフトバンク ( 2020年11月22日    京セラD )

<巨・ソ>5回1死一塁、ウィーラーは右越えに2点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人・ウィーラーが気を吐いた。0―7の5回。右翼ポール際へ2ラン。石川の外角低め144キロ直球を捉え、日本シリーズ自身初アーチを放った。

 「つなぐことだけ考えて打席に入りました。まだ点差はあるので、これで少しでも勢いをつけて、これから追いつける試合展開にしたいね!」。今季途中まで所属していたパ・リーグの楽天時代には打率・313と得意としていた右腕から反撃ののろしを上げたが、追加点は奪えず。前日も唯一の得点を犠飛で挙げ、2試合のチーム3得点は全て助っ人のバットからだ。

 9回2死では二遊間へ痛烈な打球を放ち一塁へ駆け込んだ。際どいタイミングのアウト判定に原監督がリクエストを要求も覆らず(結果は二ゴロ)。それでも最後まで見せた諦めない姿勢は、次戦につながるはずだ。 (青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月23日のニュース