マエケン「200勝を目指して頑張りたい」も「最後日本で、という気持ちはあります」

[ 2020年11月23日 23:27 ]

ツインズの前田
Photo By スポニチ

 ツインズの前田健太投手(32)が23日、テレビ朝日「報道ステーション」に生出演した。

 ソフトバンク―巨人の日本シリーズの印象や移籍1年目の今季を振り返った後に、将来的な日本球界復帰の可能性を問われると「もちろん最後日本でプレーしてみたいなという気持ちはありますし。日本のファンの皆さんの前でプレーが出来て、現役終えることができれば、それは一番幸せな野球人生だと思う」と胸中を吐露。

 一方、今季の最終登板で日米通算150勝を達成した右腕は「とにかく今は米国で頑張って。何とか200勝を目指して頑張りたい。いつかは(日本に)帰ってくるかと思うんですけど」と語った。

 今季は6勝1敗、防御率2・70でア・リーグのサイ・ヤング賞投票2位に食い込む活躍を見せただけに「サイ・ヤング賞の大きな目標を持ってまた来シーズン頑張りたい」と抱負を語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月23日のニュース