楽天・石井監督、引退の青山ねぎらう 600試合登板称え「立派な数字だと思います」

[ 2020年11月23日 13:56 ]

楽天の石井一久監督
Photo By スポニチ

 楽天の石井一久監督が23日、引退会見を行った青山を「楽天一筋でキャリアを終えたのは立派。600試合を超えたのは、なかなかいない。立派な数字だと思います」とねぎらった。

 15年の現役生活を送れた要因には「真っすぐとスライダーが彼にとっての生命線。リリーフは2つ特化したボールがあれば、しっかり抑えて実績も作れることを実証してくれた」と分析。右腕の今後の進路は未定だが、「将来的に指導者を含めて、いろんな経験を増やしてくださると、イーグルスのためにもなる。寂しいだけじゃなく、やりがいを感じてほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月23日のニュース