茨城大会 8強で打ち切り 雨天続き消化困難に

[ 2020年7月27日 05:30 ]

 茨城県高野連は26日、開催中の代替大会を8強までで終了すると発表した。雨天中止が続き、決勝までの消化が困難となったため。当初から予備日を設定せずに土日祝日のみの開催で、新型コロナウイルス感染者が出た場合や雨天などで打ち切る可能性があるとしていた。

 25、26日が雨天のため延期。26日の中止分は8月1日、1日の予定試合を同2日にそれぞれ延期し、消化できれば2日で大会は終了する。両日も雨天などで試合が消化できなかった場合は4日に試合を行って8強を決める。榎戸努専務理事は「規定にのっとった形。最後までやれなかったのは残念」と話した。

 ○…静岡大会は雨のため、草薙と清水庵原の2球場で予定していた準々決勝4試合が中止となった。今後は来月1日に延期。予備日を全て消化してしまったため、翌2日は午前10時から草薙と清水庵原でそれぞれ準決勝を実施、午後2時から草薙でダブルヘッダーによる決勝を行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース