西武・中村 同期栗山に続き二塁打 辻監督「2人が元気なことが3連覇の鍵」

[ 2020年7月27日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4-2ロッテ ( 2020年7月26日    メットライフD )

<西・ロ>6回1死一塁、同点適時二塁打を放つ中村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・栗山が入団19年目にして史上45人目の通算350二塁打に到達した。

 栗山と同じ19年目のベテラン・中村も同点二塁打を放った。6回1死一塁で右中間に運び「打ったのは真っすぐ。(長駆生還した一塁走者の)外崎、ナイスラン!」。前日は栗山とともにスタメンを外れ休養。辻監督は「2人が元気なことが3連覇の鍵を握る。それぐらい大事な選手」と強調し「精神的、肉体的な強さにビックリする。本当に心強い」と最敬礼だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース