日本ハム・ドラ1河野 自己最悪5失点で3敗「勝負にいった真っすぐが甘くなった」

[ 2020年7月27日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1-6ソフトバンク ( 2020年7月26日    ペイペイドーム )

<ソ・日>初回に先制点を取られガックリの河野(右)と宇佐見(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位左腕・河野は4回で8安打を浴び、自己ワーストの5失点で3敗目を喫した。

 初回2死三塁で4番・中村晃を直球で追い込みながら、3球続けた直球が甘く入って先制され「勝負にいった真っすぐが甘くなり、それを1球で仕留められた」と反省した。

 今季初の同一カード6連戦勝ち越しを逃した栗山監督は「(6点差を逆転勝利した)昨日の流れを生かせなかったのは悔しい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース