エンゼルス・大谷 メジャーでは自身初の登板翌日スタメン!1回KO翌日に「3番・DH」で出場

[ 2020年7月28日 02:30 ]

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平(26)が27日(日本時間28日)、オークランドで行われるアスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場する。大谷が登板した翌日にスタメン出場するのは、16年9月21日のソフトバンク戦以来で、メジャーでは自身初となった。

 前日26日(同27日)の同カードに先発し、693日ぶりの公式戦登板を果たした大谷だったが、1死も取れず30球で降板。自己ワースト5失点で今季初黒星を喫した。

 だが、ジョー・マドン監督が、球数が少なかったことで「明日(日本時間28日)はDHで出場する可能性がある」と語っていた通り、一夜明けたこの日は、今度は「打者」としてスタメンに名を連ねた。今季、「打者」では24日の開幕戦に「3番・DH」で出場。初回の第1打席に中前打を放ち、5打数1安打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース