苫小牧中央 南北海道大会進出!146キロ左腕・根本が自己最多14Kで2安打完封 

[ 2020年7月27日 05:30 ]

南北海道代替大会 室蘭地区代表決定戦   苫小牧中央3―0苫小牧工 ( 2020年7月26日 )

<苫小牧中央・苫小牧工>自己最多14奪三振で2安打完封の苫小牧中央・根本
Photo By スポニチ

 苫小牧中央はプロ注目の最速146キロ左腕・根本悠楓(はるか=3年)が、プロ3球団5人のスカウトを前に苫小牧工を自己最多14Kで2安打完封し南北海道大会進出。3年間で初めての支部突破に「うれしい」と頬を緩めた。

 左肩などに筋肉痛があり、この日は140キロ台の直球は数球で、投球術で結果を出した。白老白翔中3年時に全国中学優勝の左腕は「南北海道大会では優勝したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース