大リーグに衝撃 マーリンズの4選手が感染 遠征先のフィラデルフィアからマイアミに戻れず

[ 2020年7月27日 08:26 ]

新型コロナへの感染が判明して26日の先発を回避したマーリンズのウレナ(AP)
Photo By AP

 米ペンシルベニア州フィラデルフィアでフィリーズとの開幕3連戦に臨んでいたマーリンズの複数の選手が新型コロナウイルスに感染していたことが判明。AP通信によればそのうちの1人はこの日、先発する予定だったホセ・ウレナ投手(28=ドミニカ共和国出身)で、スポーツ専門局のESPNによれば、感染が判明したのはすでに故障者リスト入りしているホルヘ・アルファロ捕手(27=コロンビア出身)に加え、先発の右翼手だったハロルド・ラミレス(25=コロンビア出身)、ギャレット・クーパー外野手(29=米国出身)を含む4人だと報じている。

 マーリンズは22日と23日にジョージア州アトランタでブレーブスとのオープン戦を消化したあとにフィラデルフィアに移動。ブレーブスではタイラー・フラワーズ(34=米国出身)、トラビス・ダーノー(31=米国出身)の両捕手の感染がすでに判明しており(どちらも症状あり)、マーリンズの選手はアトランタで感染した可能性が大きいと見られている。

 マーリンズは27日にフロリダ州マイアミでオリオールズとの開幕戦に臨むために、フィリーズ戦終了後にマイアミに移動する予定だったが、感染判明者が出たためにフィラデルフィアに足止めされている状態。フロリダ州は新型コロナウイルスの“ホットスポット”となっているために大リーグ側は対応に苦慮しそうだ。

 マーリンズが本拠を置いているフロリダ州での26日の新規感染判明者は9344人で死者は77人。感染者は4日ぶりに1万人を割り、死者は6日ぶりに100人を下回ったが、1日としてはこれまでの最多となる694人が入院している。

 なおマーリンズはウレナに代わってメジャー2季目で未勝利のロバート・ダガー(25=米国出身)が急きょ先発。ダガーは3回1/3を投げて5失点だったが、打線が奮起して11―6でフィリーズを振り切り開幕3連戦を2勝1敗で終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース