早実・清宮弟が120メートル場外弾―八王子に逆転勝利で1回戦突破

[ 2020年7月27日 14:00 ]

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京1回戦   早稲田実8―6八王子 ( 2020年7月27日    八王子 )

<西東京大会 早稲田実・八王子>左翼ポール際に本塁打を放った清宮
Photo By スポニチ

 早稲田実が八王子に8―6の逆転勝利。1回戦を突破した。

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(21)の弟、福太郎外野手(2年)は4番・左翼で先発。1―3のビハインドで迎えた4回の第2打席で左翼ポール上を通過する本塁打を放った。推定飛距離120メートル弾は、両翼98メートルのフェンスの約15メートル後方に位置する約2メートルの防球ネットを越えて、場外に消えた。

 両軍合わせて6本の本塁打が飛び出した試合は、9回に早稲田実の1番・北村がこの日2本目となる逆転2ランを左翼に放ち、乱打戦を制した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース