オリックス 連勝4でストップ 由伸は自己ワーストの9安打浴びて6回4失点 

[ 2020年7月27日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4-5楽天 ( 2020年7月26日    楽天生命パーク宮城 )

<楽・オ9>4回裏2死一、二塁から内田にタイムリーを打たれガックリの山本(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 オリックスが、まさかの逆転負けで連勝は4で止まった。初回3点の援護を受けた山本がリードを守れず6回4失点。西村監督は「欲しかった試合だったのですけどね。(山本は)本来の姿とは違ったかなとは思いますけど…」と唇をかんだ。

 エースが攻略された。3―0の4回に浅村に左前適時打されるなど2点を失うと、吉田正の7号ソロで再び点差を広げた直後の5回も2点を奪われた。自己最悪タイの被安打9。「先制していたし5回も追加点を取った直後だっただけに抑えたかった」。主導権を手放し、8回のヒギンスが来日初失点で初黒星とのみ込まれた。

 28日からは日本ハムと札幌ドーム5連戦。指揮官は山本の起用について「それは言えない」としたが、中8日で8月4日のロッテ初戦に回ることが濃厚だ。カード頭にエースを配置し、巻き返す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース