阪神・福留 燃えた同点打「“なめられてたまるか”と思って打席に」

[ 2020年7月27日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9-3中日 ( 2020年7月26日    ナゴヤD )

<中・神(9)>8回2死一、二塁、福留は左前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 そこまで打席内容が悪くても、追い込まれても、百戦錬磨には関係なかった。2―3の8回2死一、二塁の第4打席。阪神の福留がカウント2―2からの福の5球目を鮮やかに左前にはじき返し、勝利を一気にたぐり寄せた。

 「ボーアも勝負を避けられた感じの四球だったんで“なめられてたまるか”と思って打席に入った。その打席で考えをまとめながら立てたんで、それが良かったかなと思う」

 この回無死一、二塁から大山が三ゴロ併殺打に倒れ、2死二塁。直前にボーアが敬遠気味に歩かされ、ここで無得点に終わると非常に苦しくなる展開だった。悪い流れをひと振りでひっくり返せるのが大ベテラン。同点適時打でも、決勝打に等しい価値があった。

 「いい形で勝ちにつながったので、それは良かった。また続けていけるように」

 もちろん、矢野監督も賛辞を惜しまない。「雰囲気があったし、何とかしてくれるという思いで見ていた。まず、あれがデカい」。数字では測れない存在感は今季も健在だ。 (山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月27日のニュース