広島 4連敗で5位に転落…遠藤 5回8失点7四死球の乱調

[ 2020年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3―8阪神 ( 2020年7月5日    マツダ )

<広・神>3回、マウンドで声をかけられる遠藤(左から2人目)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 消化不良の投球だった。広島は、先発・遠藤が5回で7四死球、3発被弾で8失点KOされ、4連敗。「3回以降は別人になってしまった。ボーアに打たれた球が試合の流れを変えた。もっと強い気持ちで投げないと…」とうなだれた。

 3回だ。投手の西勇に四球を与えるなどして2死満塁のピンチを招くと、大山に押し出し死球、ボーアには満塁弾を浴びた。さらに大山、サンズにも一発。敵の助っ人に“そこしか打てない”球を投げて被弾では、悔やんでも悔やみ切れない。

 前回136球を投げたドラフト1位・森下が球数や2度の雨天中止、完投能力などを踏まえて、日曜日からカード初戦の火曜日に登板変更。佐々岡監督は遠藤に「打たれたのは変化球。自信を持って真っすぐを投げてもよかった」と次回登板での奮起を求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース