大谷 紅白戦で3イニングの登板が決定 26歳誕生日は同僚からの祝福に照れ

[ 2020年7月6日 14:44 ]

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が7日(日本時間8日)の紅白戦に登板し、3イニングを投げることが決まった。5日(日本時間6日)、球団が発表した。

 米国時間で26歳の誕生日を迎えた大谷は、内野手グループと午前11時からの練習に参加。フィールドでレンドン、シモンズらに誕生日を拍手で祝われ、照れながら頭を下げる場面も見られた。

 その後、投球フォームを確認しながら約13分のキャッチボール、最長50mに距離を伸ばした。最後は打者としてシミュレートゲームでバリア、ロブレスら6人の投手と対戦、バリアから右翼線に二塁打性の当たりを飛ばすなど、ヒット性の当たりは3本だった。

 この日、ジョー・マドン監督は開幕投手をヒーニーと改めて明言したが、大谷もローテーションのトップの投手の一人として期待されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース