楽天 浅村弾で3連勝!“3打席目の鬼”また3ランで不敗神話継続「期待に応えるのが4番の仕事」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天8―1ロッテ ( 2020年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>5回1死一、三塁、左越えに3ランを放つ浅村(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 キーワードは「3」だ!楽天・浅村栄斗内野手(29)が5日、ロッテ戦の5回に12球団トップの7号決勝3ランを放ち、チームは今季初の3連勝。オリックスに6連戦6連勝で乗り込んできたロッテを5勝1敗で撃破し、3カード連続勝ち越しで首位を堅守した。背番号3の主砲は7本中4本が3ランで本塁打を放った試合の「不敗神話」も継続。ちなみにチーム打率は・303となった。 試合結果

 「野球の神様」と称されるベーブ・ルースの背番号は3だった。昭和の「ミスタープロ野球」でもある長嶋茂雄(現巨人終身名誉監督)も。令和の球界で今一番、ホットな3番は誰か…。浅村だ。「駐車場で空いてたら3番、入れちゃいますね、コインパーキング」。この日の一発は、そんな愛着のある3が詰まった決勝弾だった。

 同点の5回1死一、三塁。「1、2打席目にチャンスで打てなかった。三度目の正直じゃないけど、ここは絶対に走者を還す」。美馬の3球目の内角低めに沈むフォークを右膝を地面につくようにすくい上げた。左翼席最前列への7号3ラン。「もう一回打てと言われたら難しい。体が自然に反応した」と振り返った。

 これで今季は3打席目が最多の4本塁打。「先発は球を多く見られる。1打席目より2打席目、3打席目と。今日はどう変化しているか、真っすぐはどうかなとか」。今季2打席目までは打率・286も3打席目以降は・414まで跳ね上がる。本塁打したフォークは3回の2打席目に見逃し三振した球種。その球よりも低く、厳しい球を打たれた美馬も苦笑いするしかなかった。

 7発中3ランは4本。「チャンスでつないでくれるし、期待に応えるのが4番の仕事。今のところ順調」と胸を張る。三木楽天の象徴として開幕から座る4番。得点圏打率も5割と勝負強さを証明する3ラン量産だ。

 西武時代、現巨人の中島を慕って憧れた背番号3。2013年に直訴して一度は見送られ、17年から袖を通した3番はユニホームは替わっても4年目で「愛着ある、こだわってきた番号」と言う。打てば7戦全勝の不敗神話も継続中で「自分の結果が直結して勝つのはうれしい」。チーム11勝中、勝利打点は実に6度。相手を散々(33)な結果に陥れている。(春川 英樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース