日本ハム・野村 特大130メートルV弾!中田の助言で開眼2号ソロ「打った瞬間、行くと思った」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5-3ソフトバンク ( 2020年7月5日    札幌D )

<日・ソ>勝ち越し本塁打を放った野村はガッツポーズで写真に収まる(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 20歳の一振りで今季ワーストの3連敗を阻止した。日本ハムの高卒2年目で売り出し中の野村佑希内野手(20)が5日、札幌ドームで行われたソフトバンク戦に「8番・三塁」で2試合ぶりにスタメン復帰し、3―3の4回に決勝の2号ソロ。左翼席上段への130メートル弾を含む2安打1打点の活躍でチームの連敗を2で止めた。 試合結果

 内角へ抜けてきた右腕・二保のチェンジアップを巧みにさばいた。打球は切れない。同点の4回。野村の左翼席上段まで届く特大アーチはチームの連敗を止める価値ある一打となった。「感触は凄く良かった。打った瞬間、行くと思った」。内角直球を巧みにさばいてプロ初本塁打した2日のソフトバンク戦に続き、またしても見事に内角をさばいた。

 内角打ちの原点は高校時代。花咲徳栄時代の恩師・岩井隆監督は「野村は内角に2つポイントを持っている」という。元々ポイントを捕手寄りに置いて引きつけて打つタイプだったが、高1秋から前さばきもできるように練習。打てるポイントが増え、恩師は「高校生の技術ではできないことができていた。内角球に差し込まれなかった」と振り返る。

 サヨナラ打を含む3安打した2日の同戦は2安打が直球を打ったもの。翌3日の同戦は徹底的に変化球で攻められ3三振を喫した。「とにかく変化球を打たないことには(得意な)直球を投げてくれない。直球が来なくなっていたので、直球以外の高い球をしっかり打とうと思っていた」と痛感し、3日の試合中に主砲の中田に打席での待ち方を質問。すると相手の持ち球を考えるよう助言を受け「ただ直球を打ちにいけばいいというものではない」と目からうろこが落ちた。この日の2安打はいずれも変化球。主砲の教えを生かし、冷静に配球も読んで結果につなげた。

 栗山監督は野村について「失敗がたくさんあればうまくなる。結果が欲しくなるけど、あの世代でぶれずにやるのは凄い」と評する。虫垂炎で離脱したビヤヌエバも1軍合流間近。今後は三塁争いは激しくなる。それでも左股関節後方亜脱臼という全治5カ月の故障でルーキーイヤーを棒に振った20歳は一歩も引くつもりはない。(東尾 洋樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース