カブス・ダルビッシュ 初の実戦登板で2イニング4K

[ 2020年7月6日 02:30 ]

投球するカブスのダルビッシュ=シカゴ
Photo By UPI=共同

 カブスのダルビッシュはキャンプ再開2日目で初の実戦登板を果たし、2回を投げて打者8人に対し、1安打無失点、4三振と上々の内容だった。投球中は救急車のサイレンや電車が通過する音が響き渡った。

 それでも、いきなり連続三振を奪うと、昨季29本塁打のバエスに二塁打を浴びた後を切り抜けた。四球を与えた次の回も多彩な変化球や力のある速球で、下位打線を連続三振に仕留めた。一塁手のリゾとはけん制の練習に励み、マスク姿で早々に引き揚げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース