ロッテ・美馬「最悪」古巣に今季初黒星 1000投球回達成には「積み重ねてこられたことはよかった」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1-8楽天 ( 2020年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>6回途中5失点で、降板する美馬(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 昨季オフ、楽天からFA移籍で加入したロッテ・美馬が古巣を相手に初先発したが、5回2/3を9安打5失点で今季初黒星を喫した。

 序盤から走者を許しながら粘っていたが、同点の5回に浅村に決勝3ランを浴びた。この回は先頭・茂木のバットをへし折りながらも遊撃への打球が内野安打になると、ブラッシュの三塁へのゴロも内野安打。不運な当たりが続き、走者をためての被弾に「あまり点を取られた感じはしないけれど結果的に取られた感じ。最悪です」と悔しがった。初回2死で通算1000投球回に達し「ここまで積み重ねてこられたことはよかった」と語ったが、節目の記録を白星で飾れなかった。

 チームは8連勝で敵地に乗り込んだが、首位攻防6連戦は1勝5敗。首位・楽天に2ゲーム差をつけられた。(横市 勇)

 ▽美馬(ロッテ)通算1000投球回 5日の楽天6回戦(楽天生命パーク宮城)で先発し、1回に達成。プロ野球357人目。初登板は楽天時代の11年4月13日のロッテ戦。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース