西武・与座 悔しい被弾でプロ初勝利ならず「中途半端だった」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―8オリックス ( 2020年7月5日    メットライフD )

<西・オ>力投する与座(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武先発の与座が6回途中3失点。3度目の登板もプロ初勝利ならず、2敗目を喫し「悔いが残る。(T―岡田に2回に2ランを)打たれた球も中途半端だった」と唇をかんだ。

 打線もエースの山本に7回まで2得点に抑えられて主導権を握れず、これで今6連戦は2勝3敗1分け。開幕から本拠地15連戦も7勝7敗1分けで終えた。リーグ連覇した昨季も開幕15試合は7勝8敗で辻監督は「まあまあ、去年もこんな感じだった」と淡々と語り、与座については「頑張ったと思う」と評価した。

 ▼西武・岸(ドラフト8位ルーキーが8回に代打で初出場し右飛)緊張しましたが“ここから始まる”という気持ちだった。しっかりバットは振れたので次につなげたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース