ロッテ・井口監督「もっと打たないと」中軸に不満 打線組み替え示唆

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1-8楽天 ( 2020年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>ベンチで厳しい表情を浮かべる井口監督(右)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 試合後、ロッテの井口監督が「打線がもっと打たないといけない。4、5番がこの1週間沈んでいた」とし、7日からの西武戦(ZOZOマリン)での打線の組み替えを示唆した。

 今6連戦で4番レアードは20打数1安打、5番マーティンも初戦から3戦連発をマークしながら後半3試合は9打数無安打。現在、6番・中村奨が打率・313、7番・井上が同・364と好調だけに中軸を任される可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース