阪神・大山 初4番弾でマルテに挑戦状!矢野監督「遜色ない」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8―3広島 ( 2020年7月5日    マツダ )

<広・神>5回1死一塁、大山は左越えに2ランを放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 目いっぱいに腕を伸ばしてすくい上げた。カウント1―2からの外寄り低め115キロカーブ。直前の内角高めの真っすぐにひるまず、阪神・大山はグッと左足を踏み込んでいった。

 「相手に流れを渡したくない中で、次の1点を先に取りたいと思っていたので、チャンスを広げたい気持ちで打席に入りました」
 5回1死一塁から左中間への2試合連続の2号2ラン。4回に鈴木誠のソロで5―2と追い上げられていただけに自賛コメントにもあるように試合を決定づけた一発となった。

 自身の立ち位置も明るくさせた。昨年9月30日の中日戦以来となる「4番・三塁」での先発出場。前日4日に左ふくらはぎに張りを訴えて途中交代したマルテがベンチを外れたことで代役を任された。3回の押し出し死球と9回の右前打を合わせて2安打3打点とアピールに成功。途中出場から本塁打を含む2安打1四球だった前日に続いて存在感を示した。

 先発は今季3度目。6月20日の巨人戦は「3番・左翼」、同26日のDeNA戦は「3番・一塁」だったため、どうしても「4番・三塁」で結果が欲しかった。マルテと再び競争するためだ。

 矢野監督も悩み始めていた。「ああいう打ち方ができれば、もっともっとホームランも打てそう。なかなか使うチャンスがなくて悔しい思いもしていると思う。4番においても遜色ない。昨年も経験ある」。助っ人3人が注目される今季打線にあって、実はカギを握る男は大山かもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース