日本ハム・河野 プロ初勝利お預け 2度目登板は4回3失点

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5-3ソフトバンク ( 2020年7月5日    札幌D )

<日・ソ>日本ハムの先発・河野(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 プロ2度目の登板となった日本ハムの河野は4回3失点(自責2)で降板。野村の一発でリードし5回を投げきればプロ初勝利の権利を得たが、玉井と交代した。

 栗山監督は「向こうの真ん中(中軸)の流れが凄くある」と継投理由を説明。プロ初登板だった6月24日の楽天戦では勝利投手の権利を得る5回2死から浅村に逆転3ランを許しており、新人左腕は「1回、2回でも多く投げられるようにやっていきたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース