ソフトB・古谷 地元北海道でプロ初登板 三者凡退斬り「成長した姿を見せられた」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3-5日本ハム ( 2020年7月5日    札幌D )

<日・ソ>8回に登板した古谷。グラブに地元・北海道の刺繍入り(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 北海道出身のソフトバンク・古谷が地元でのプロ初登板を3者凡退で終えた。8回に4番手で登板し野村を152キロ直球で二直、清水を150キロ直球で空振り三振、西川を128キロ外角スライダーで空振り三振。非公式戦ながら現役左腕最速の160キロを記録した自慢の直球は西川への初球に最速154キロを記録した。

 今年度で母校の江陵高(北北海道)が閉校。道民に好投を見せた4年目の21歳は「成長した姿を見せられたと思う」と手応えを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース