一球幸魂倶楽部 劇的サヨナラ発進 都市対抗野球1次予選開幕

[ 2020年7月6日 05:30 ]

第91回都市対抗野球大会 埼玉1次予選1回戦   一球幸魂倶楽部3―2所沢グリーンベースボールクラブ ( 2020年7月5日    市営浦和 )

<一球幸魂倶楽部・所沢グリーンベースボールクラブ>サヨナラのホームを踏む昇を、うれしそうに出迎える日野主将(背番号51)
Photo By スポニチ

 第91回都市対抗野球大会(11月22日開幕、東京ドーム)の1次予選が5日、全国に先駆けて埼玉、滋賀で開幕した。

 埼玉では一球幸魂(さいたま)倶楽部が、2年連続県クラブチーム王者の所沢グリーンベースボールクラブにサヨナラ勝ちした。2―2の9回2死満塁から中越え安打を放った増田は、ソーシャルディスタンスも忘れてナインと抱き合い「ボールが見えていたし、初球から積極的にいった」と笑顔。就任初戦で劇勝した小池章夫監督は「相手の研究もしてきたし、練習量が結果につながった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース