阪神・西勇 打線に感謝の今季初勝利 8回投げて中継ぎ休ませた

[ 2020年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8―3広島 ( 2020年7月5日    マツダ )

<広・神>5回1死、アウトカウントのジェスチャーをする西勇(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 打線の援護のありがたさを全身で感じながら阪神・西勇は腕を振った。今季3度目の登板で、調子は一番良くなかったかもしれない。8回を3失点で投げきり、自らに待望の初勝利、チームには初連勝をもたらした。

 「バッターの方がたくさん打ってくれたので、難しい投球ではあったんですけど、無事長いイニングを投げられて良かった」
 2回、鈴木誠の右中間二塁打から無死一、三塁を招き、坂倉の二ゴロで早々と先制を許した。過去2度の登板中の援護点は自身の本塁打と適時打による2点だけ。苦しい展開となった中、打線が助けてくれた。“これまでの借りを返す!”とばかりに直後の3回に猛攻。ボーアの満塁弾など一挙5点で背中を押され、楽になった。

 「もうちょっと抑えられたかなという部分はありましたけど、本当に流れを感じながら。チームの得点も意気に感じて、最少失点で切り抜けられるよう頑張っていました」

 「サンデー・勇輝」の復活だ。予定していた3日の試合が雨天中止となり、スライドせずに中8日で登板。昨年4月7日に完封で移籍初勝利を挙げたのも、日曜日の敵地・広島戦だった。昨季5試合で3勝2敗ながら防御率1・70の安定感を見せた日曜日。同じ相手、同じ場所、同じ曜日に今年も1勝目を手にした。

 既に111球を投げていた8回先頭の打席にも入った。「中継ぎの方が休めたのはデカいですし。投手として完投を目指すのは当たり前と思う」。9連戦の2戦目で伊藤和以外を温存できた矢野監督も「球数が増えてからも、9連戦なんで粘ってくれて。ちょっとでも長く投げてくれたのは助かった。西らしさは随所に出してくれた」と最敬礼だ。

 試合後は笑顔を見せることなく「ホッとはしないですよね。次が大事」と言い切ったエース。ここまで報われなかった分、一気に連勝街道に乗りたい。(山添 晴治)

 ≪≫西勇(神)が8回3失点で今季初勝利。マツダスタジアムではオリックス時代の1試合(1勝)を含め、全6試合でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)をマークし5勝0敗、防御率2・05と好相性を誇る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース