ヤクルト 1点がやっと…球団通算8000号お預け 高津監督「チームとして成長しないと」

[ 2020年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―8DeNA ( 2020年7月5日    DeNA )

<ヤ・D>ベンチの高津監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは9回2死から村上の中前適時打で零敗を免れるのがやっとで大敗。あと1本塁打の球団通算8000号も7日以降へ持ち越しとなった。

 先発の高梨は5回に下位打線で走者をためて2番のソトに満塁弾を浴びる内容に「ホームランだけは避ける場面で投げ切れなかった」とがっくり。高津監督は「下位打線をアウトに取れなかったことがつながった」と指摘した。これで変則日程での本拠15連戦は1試合が雨で流れて7勝7敗。指揮官は「チームとして成長しないといけない部分はたくさんある」と先を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース