出すぎ!?今季12球団でもう満塁弾10本目!昨季の2倍の確率

[ 2020年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA8―1ヤクルト ( 2020年7月5日    DeNA )

<ヤ・D>5回1死満塁、中越え満塁弾を放つソト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのソトが5日のヤクルト戦の5回に満塁本塁打。ソトの満塁本塁打は18年6月7日西武戦、19年6月14日ソフトバンク戦に続き3年連続3本目。外国人の来日1年目からの連続満塁本塁打は03~06年ウッズ(横、中)、01~04年ラミレス(ヤ)の4年連続が最多だが、DeNAでは大洋時代の63~65年クレスに並ぶ55年ぶりの球団最多記録となった。

 満塁弾はこの日、ボーア(神)も記録しており、ソトで今季10本目。今季の総本塁打数は180本で満塁本塁打率は5.6(満塁本塁打÷総本塁打)。昨年の2.8(満塁本塁打47本、本塁打1688本)と比較するとほぼ2倍の確率で満塁本塁打が出ている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース