甲子園開幕に向け…阪神、ファンがリモート応援を楽しめるサービスを発表

[ 2020年7月6日 14:23 ]

 阪神はあす7日からの巨人3連戦で、今季6カード目にして初めて本拠地・甲子園での試合に臨む。球団は無観客試合でもファンがリモートで楽しめる演出・ファンサービスについての詳細を発表した。

 リモートによるタイガースの応援を可能にするために、ヤマハ株式会社が開発したリモート応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD』を7日から実証実験を実施する。試合の中継を視聴しながらスマートフォンのボタンを押すことで、そのボタンに応じた拍手や歓声などの音を甲子園球場施設のスピーカーを通して、選手に届けることができる。(参加するには阪神タイガース公式アプリのダウンロードが必要)

 また、阪神タイガース応援団の協力の下、試合中にヒッティングマーチやチャンステーマが放送されることなども発表された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース