遠野縁峰・菊池浩「悔いはないです」真っ向勝負で5回投げ抜く

[ 2020年7月6日 05:30 ]

岩手・花巻地区代表決定戦   遠野縁峰0―17花巻東 ( 2020年7月5日    花巻 )

<花巻東・遠野緑峰>力投する菊池浩(撮影:柳内遼平)
Photo By スポニチ

 遠野縁峰(岩手)の主将で先発の菊池浩は直球を何度痛打されても真っ向勝負で5回を投げきった。「仲間と野球ができて悔いはないです。気持ちで三振も取れました」。

 スタメン9人中、5人は菊池浩が入学時に勧誘した野球未経験者。初回の先頭打者に打たれた強烈なゴロを、その一人である二塁手の石橋が必死の処理でアウトにした。菊池浩は「1年の時は絶対捕れていない打球」と、仲間と歩んだ日々を実感した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月6日のニュース