雄星「内容濃い」新フォームで44球 イチロー氏も「この時期にしてはいいんじゃないの」

[ 2020年2月18日 02:30 ]

ブルペンで投球練習するマリナーズ・菊池
Photo By 共同

 マリナーズの菊池は2度目の投球練習を行い、テークバックで腕を高くした新フォームで44球を投げ込んだ。

 「前回は(キャンプ)初日で力んだ。今日はバランスを意識」したそうで「内容は濃かった」と納得顔だ。

 最速は94マイル(約151キロ)。見守っていたイチロー会長付特別補佐兼インストラクターに感想を求めると「この時期にしてはいいんじゃないの。腕もよく振れている」と言われた。19日にはフリー打撃に登板予定。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース