ロッテ ドラ5福田光 先制2点打で開幕1軍アピール!初球から「攻めていこうと」

[ 2020年2月18日 17:38 ]

練習試合   ロッテ―巨人 ( 2020年2月18日    セルラー那覇 )

<巨人・ロッテ>初回2死満塁 鍬原から先制の2点適時打を放つ福田光(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクからFA加入の福田秀が新天地デビューを果たした試合で、ロッテのもう一人の「福田」が気を吐いた。

 ドラフト5位・福田光(法大)が「6番・遊撃」で出場。初回2死満塁の場面で先制の2点タイムリーを放った。

 初球を中前に運び「初球から思いきり打ちにいこう、と。チャンスだったので自分から攻めていこうと思っていた」

 好調をキープしているルーキー。デビューから実戦3試合で12打数8安打の猛打をふるっていたが、15日の中日との練習試合(北谷)は4打数ノーヒットだった。

 それでも「4打数無安打の日があっても、しっかり切り替えてやっているので」。目標は開幕1軍。「最終的にはそこですが、とにかく1日1日を全力で、自分のプレーができるようにやっている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース