団野村氏 父・克也氏を「拍手で見送りました」 ヤクルトキャンプ訪問

[ 2020年2月18日 05:30 ]

ヤクルトキャンプを訪れた団野村氏(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 元ヤクルト内野手で代理人の団野村氏(62)が17日、沖縄・浦添のヤクルトキャンプを訪問。「50年一緒にいた。僕の全て」と11日に虚血性心不全で逝去した父・野村克也氏(享年84)に対する思いを明かした。

 ヤクルト時代に代理人契約を結んでいた球団編成部アドバイザーのトニー・バーネット氏やアーロン・ガイエル氏と談笑しながら練習を見守ったが、父の話になると表情は一変した。14日の密葬を振り返り「僕は拍手で見送りました」と切り出すと、「だって素晴らしい人生を築いて、亡くなったのは悲しいですけど拍手しかないじゃないですか」と静かに続けた。

 団野村氏は沙知代さん(17年に死去)と前の夫の息子で、克也氏は継父に当たる。球界に導いてくれたのは克也氏であり、代理人としての成功も支えてもらった。「思い出はいっぱいありすぎて。50年一緒にいましたから。僕の全てじゃないですか」。団野村氏は、そう人生の恩人に思いをはせた。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース