ダル、完全復活へ“筆まめ” 練習後ノートに書き込み「課題に星印」

[ 2020年2月18日 02:30 ]

ブルペンで投球練習するカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 カブスのダルビッシュがブルペン入り。最後の低めへの速球は95マイル(約153キロ)を計測し「僕としては前回の方が球の伸びはあったような気がしたけど、今日のでも十分」と納得の様子だった。

 6勝8敗だった昨季は、前半戦の防御率5・01から後半戦は2・76に。メジャー9年目の今季に期待を抱かせる復調だった。立て直しの裏には、日々の課題を記録するノートの存在もあった。今キャンプでも練習後に書き込む姿が見られ、「忘れるからすぐに書く。考えることは財産だし、できれば3個、多くても5個以内の課題に星印を付けている」と説明した。「ダルノート」を手に完全復活を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース