西武ドラ2・浜屋 家族の前で初登板堂々無失点「緊張したけど、抑えられてよかった」

[ 2020年2月18日 05:30 ]

西武紅白戦   紅組5-3白組 ( 2020年2月17日    南郷 )

<西武・南郷キャンプ>紅白戦で力投する浜屋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 期待の即戦力左腕が、上々の紅白戦デビューだ。西武のドラフト2位・浜屋(三菱日立パワーシステムズ)が紅組の3番手で紅白戦に初登板。1回を無失点に抑え、最速144キロをマークした。

 「緊張したけど、抑えられてよかった。これからどんどん上げていけるようにしたい」

 先発、中継ぎで期待がかかる新人左腕。4回にマウンドに立つと愛斗を二ゴロ、山野辺は死球も、一塁けん制でアウトに。続く森越は外角高めの直球で空振り三振と右打者も苦にせず。晴れていた空が登板中は雨、小さなひょうと突然、荒れたが投球は安定感抜群だった。

 キャンプ地から車で約90分の鹿児島・大崎町出身。小学生時代は何度も南郷キャンプを訪れ涌井、岸(ともに現楽天)のブルペン投球も見た。この日訪れた樟南野球部の同期をはじめ、家族なども応援に駆けつけている。

 名前は「将太」の獅子のハマショー。「開幕1軍を目指してずっとここ(1軍)にいられるように頑張りたい」。1軍のマウンドという「陽(ひ)のあたる場所」を目指す。(春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース