阪神 近本&マルテが西勇から一発

[ 2020年2月18日 13:25 ]

<阪神春季キャンプ 紅白戦>初回1死、近本は右越えに先制ソロ本塁打を放つ。投手西勇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の1軍キャンプで18日、紅白戦が行われ、近本、マルテにいきなり本塁打が飛び出した。

 まずは、紅組の「2番・中堅」で先発した近本が初回、白組先発・西勇から、右翼席中段付近まで飛ばす豪快弾を記録。2ボール1ストライクからの高め速球を完ぺきに仕留めた。続く糸原が左線に落ちる安打で出塁すると、「4番・三塁」のマルテが高めスライダーを強振。打球は風にも乗り、左翼フェンスを軽々と越えていった。

 期待の2年目と、三塁の定位置獲得を目指す助っ人が放った豪快な一発に、スタンドから拍手と歓声が巻き起こった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース