桐蔭横浜大の“おかわり君”渡部 オープン戦初戦でらしさ全開

[ 2020年2月18日 15:21 ]

オープン戦   立大4―1桐蔭横浜大 ( 2020年2月18日    立大グラウンド )

遊撃内野安打を放つ桐蔭横浜大のドラフト候補、渡部
Photo By スポニチ

 桐蔭横浜大が立大とのオープン戦初戦に臨んだ。

 大学日本代表候補で今秋ドラフト候補、体重113キロを誇る右の強打者・渡部健人内野手(3年、日本ウェルネス)が「4番・三塁」で先発。2回の第1打席で魅せた。三遊間深くへ鋭い打球を飛ばすと、50メートル6秒4の俊足で全力疾走し間一髪セーフ。遊撃内野安打とした。2打数1安打だったが「久しぶりの対外試合でちょっと力んだ。ここ最近フォームを修正して、ボールが長く見られるようになった。第1打席も今までならボテボテのゴロだったかもしれないが、強く打てた」と手応えを口にした。

 三塁守備ではファウルに即座に飛びつくなど反応の高さを見せ、持ち前の柔らかいグラブさばきも披露。西武・中村や山川を彷彿とさせる身のこなしを見せた。3月には大学日本代表入りをかけた候補合宿が控えており「しっかりフォーム固めをして、代表に選ばれるよう頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース