阪神・糸原が紅白戦で3安打 キャンプ実戦16打数10安打

[ 2020年2月18日 15:14 ]

阪神・糸原
Photo By スポニチ

 阪神・糸原の快音が止まらない。18日の紅白戦で3安打をマーク。これまでの対外試合を合わせて今キャンプの実戦16打数10安打と、絶好調だ。

 初回1死走者なしの場面で西勇から左線に落ちる安打を放つと、2回2死一、三塁では左腕の飯田から左越2点二塁打をマーク。4回の第3打席に守屋の足元を襲う中前打を放ち、4回で早くも3安打を記録した。

 第4打席は浜地の前に左飛に終わったが、芯でとらえたライナー性の打球だった。今キャンプこれまでの対外試合5試合で12打数7安打を記録しており、初の紅白戦だったこの日を合わせて16打数10安打と絶好調。2年連続全試合出場中の主将が、さらなる飛躍の予感をただよわせている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース