巨人キャンプ 寒さ&強風で“半ドン” 元木ヘッド「実戦が続くから…」

[ 2020年2月18日 05:30 ]

那覇キャンプ ( 2020年2月17日 )

午前で全体練習を終えた巨人キャンプ(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人は、14度と寒く、風が吹き荒れる天気のため、打撃練習を取りやめて全体練習を正午頃に終えた。

 沖縄2次キャンプでは10日間で7試合が組まれており、元木ヘッドコーチは「実戦ばかり続いていくから、ちょっと落とさなければということもあった」と説明。打撃ケージが倒れてケガ人が出る危険性にも配慮した形だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月18日のニュース