DeNAドラフト2位・伊藤裕 初の契約更改で175万円増

[ 2019年10月16日 21:43 ]

DeNAの伊藤裕
Photo By スポニチ

 DeNAの伊藤裕季也内野手が16日、フェニックス・リーグが行われている宮崎県内の宿舎で初めての契約更改交渉に臨み、175万円増の1375万円で契約を更改した。

 ドラフト2位で入団した今季、プロ初スタメンとなった8月10日中日戦で2本塁打を放つなど、21試合の出場で打率・288、4本塁打、7打点だった。

 スタメンマスクを被るなど13試合に出場した山本は、75万円増の595万円、9試合に登板して0勝6敗、防御率5・80の京山は70万円増の1120万円でサイン。今季プロ初出場した百瀬は30万円増の590万円でサインした。

 5試合に登板した進藤は40万円減の660万円、プロ5年目で初めて1軍出場のなかった山下は255万円減の885万円で契約を更改した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月16日のニュース