巨人 鈴木尚広1軍外野守備走塁コーチ退団を発表 「一身上の都合」の申し入れ受け

[ 2019年10月16日 11:04 ]

吉川尚輝内野手(左)に走塁指導する鈴木尚広外野守備走塁コーチ
Photo By スポニチ

 巨人は16日、鈴木尚広一軍外野守備走塁コーチ(41)の退団を発表した。

 「一身上の都合」を理由に退団に申し入れ。19日からソフトバンクとの日本シリーズが控えているが「球団として了承し、本日付で退団する」とした。

 「代走のスペシャリスト」などと評され、16年に引退した鈴木外野守備走塁コーチは、原監督が復帰した今季にコーチ就任。現役時代から早出練習に時間を割き、走塁技術や相手投手の研究を重ねる姿勢は若手の手本となっており、コーチとしても「準備することの大切さ」を伝えながら、チームの再建に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月16日のニュース