東洋大、サヨナラ負け ドラ候補・佐藤都が3安打も…

[ 2019年10月16日 14:41 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第6週第1日 1回戦   国学院大2―1東洋大 ( 2019年10月16日    神宮 )

 17日に行われるドラフト会議で上位候補の東洋大・佐藤都志也捕手(4年=聖光学院)が今季初の3安打の猛打賞をマーク。チームを鼓舞したがサヨナラ負けで初戦を落とした。

 2回に一塁内野安打で出塁すると、4回に中前打、8回にも右翼線二塁打を放ったが笑顔はない。5回、1点を先制した後の2死一、二塁の場面で三邪飛に倒れた打席を悔やんだ。「ヒット3本打っても、あの場面で打たないと意味がないです。チームが勝たないと喜べません」と話した。

 打って走れる捕手。17日のドラフト当日も試合が待っている。プロにアピールなんて考えずチームの勝利を最優先して試合に臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月16日のニュース