オリックス山本 「プレミア12」大会公式球のチェックポイントを見抜く

[ 2019年10月16日 05:30 ]

オリックス・山本由伸
Photo By スポニチ

 11月の「プレミア12」に侍ジャパンの一員として出場するオリックス・山本が15日、大会公式球のチェックポイントを見抜いた。大阪・舞洲での秋季練習でブルペン入りし初試投。「ボールは小さく感じるので変化球は曲げやすい。真っすぐが少し難しいですね。きっちり投げないといかない」と指摘した。

 今年3月のメキシコ代表との親善試合では、ボールの違いは「気にならなかった」と言うが、今回は若干の違和感を感じたもよう。ただ、見守った西村監督は「思ったよりも力強く投げていたし、不安なく見えた」と太鼓判。山本自身も不安はなく早い段階で気付けたのも大きい。

 大会では、抑えを務める可能性もある。「去年中継ぎをやって、今年は先発なので(抑えになっても)大丈夫だと思う」。20日にはシート打撃に登板し、準備を整えていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月16日のニュース