日本ハム、佐々木1位指名変わらず 外れ1位に創志学園・西&興南・宮城浮上

[ 2019年10月16日 05:30 ]

大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 大船渡・佐々木の1位指名を公言している日本ハムは、「外れ1位」も将来性重視の指名方針だ。

 千葉・鎌ケ谷の2軍施設で吉村浩GM、大渕隆スカウト部長らが参加して約4時間のスカウト会議を行った。ロッテも佐々木の1位指名を公言し、これで抽選となることが確定となったが、近年は中田、斎藤、有原、清宮と大物を引き当ててきた実績もある。大渕部長は「外れません」と佐々木を引き当てることを強く願いつつも、外れた場合について「即戦力というよりは中長期的な視野で考えている」と明かした。

 外れ1位候補には、154キロ右腕の創志学園・西、「世代No・1左腕」の呼び声高い149キロを誇る興南・宮城らが入っているもようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月16日のニュース