ソフトB内川 ラグビー日本8強入り刺激 アメフットのボールでパス回し「頑張ろうと元気もらう」

[ 2019年10月16日 05:30 ]

日本シリーズ第1戦   ソフトバンクー巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオクD )

ボールをキャッチする内川(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ヤフオクドームに楕円(だえん)球が舞った。ソフトバンクのウオーミングアップで、投手の練習用に常備されているアメリカンフットボールのボールを使ってパス回しを実施。「新鮮だった。“さあ野球やるぞ”という状況をつくってもらった」と内川。地元・大分でラグビーW杯開催地特別サポーターを務める打撃職人は声を弾ませた。

 ラグビー日本代表はW杯で初の8強入り。「頑張ろうと元気をもらう」。ソフトバンクもCSの戦いで投打がかみ合い、2年連続で2位からの日本シリーズ進出を果たした。3年連続日本一へ残り4勝。工藤監督は練習前に体、頭、心の準備の大切さを改めて説き「準備さえしっかりやれば、うちの力がしっかり出せる」と「ONE TEAM」で巨人撃破に挑む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月16日のニュース