ロッテ レアード、92打席ぶり弾は逆転2ラン「ホントニ、ヒサシブリネ」

[ 2019年9月8日 14:56 ]

パ・リーグ   ロッテーソフトバンク ( 2019年9月8日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>2回2死一塁、左越えに2ランを放つレアード(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテ・レアードが、逆転の32号2ランを放った。0―1の2回2死一塁、武田の139キロカットボールをとらえ、ロッテファンが陣取る左翼席へと運んだ。

 「ホントニ、ヒサシブリネ。長い期間、打つことができていなかったので、ホームランを打つ感覚も寿司の握り方も忘れてしまいそうだったよ。この場面で打つことができて良かったよ」

 8月7日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来28試合、92打席ぶりの一発。その期間、3度のスタメン落ちを味わうなど、不振を極めた助っ人が、ようやく、快音を響かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース