西武・高橋光 6回5失点で6敗目…「申し訳ない投球。情けない」辻監督も怒り心頭

[ 2019年9月8日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3-5楽天 ( 2019年9月7日    楽天生命パーク )

3回、茂木の打球でベースカバーに走る高橋光(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 西武は痛い逆転負けを喫した。先発の高橋光は6回5失点で、7月2日以来の6敗目。2―1の4回1死満塁から押し出し四球を与えると、島内に決勝打を浴びるなど一挙4失点し「抑えなきゃいけないという気持ちが大きすぎた」。一敗もできない戦いでの乱調に「申し訳ない投球。情けない」とうつむいた。

 辻監督も「ストレートの四球はないやろ。2桁勝っている投手がそれじゃあね。もっと冷静に投げてくれないと」と怒り心頭だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース