日本ハム・輝星 イースタンで5回2失点 直球に不満「もっと理想のストレートに近づけたい」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

イースタン西武戦に先発した日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝がイースタン・リーグの西武戦(鎌ケ谷)に先発。5回4安打2失点だった。

 初回に2本の二塁打で先制点を許すと、4回には愛斗にソロ本塁打を被弾。「真っすぐを(ファウルなどで)粘られていた」と、途中から緩急をつけるためにカーブの割合を増やしたが「もっと理想のストレートに近づけたい」。最速は145キロ。荒木2軍監督も「本来の良さが出し切れていない」と直球をさらに磨くことを求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月8日のニュース